人は一生の中で一体どれくらいの本を読めるのだろう。読んだ本はどれくらい覚えていられるのだろう。私がこれまでに読んだ本を忘れないように書き留めた読書感想・書評ブログ。

日々是読書旅

ビジネス 書評

「GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代」を読んで

更新日:

本「GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代」本

成功者に多い人間のタイプとは!

本の基本情報
  • ジャンル:ビジネス
  • 本の種類:単行本・ハードカバー
  • 著者名:アダム・グラント
  • 出版社:三笠書房

私がこの本を選んだ理由

「GIVE & TAKE」。
この本のタイトルを読んだ時に、ただ単純に「与える」と「手に入れる」という事について書かれていると感じました。

しかし、表紙の真ん中に黒字で書いてある文章。
「与える人」こそ成功する時代、という文章を見て、人が成功するためには「与える人」になる必要があるんだという事について書かれていると予想しました。

人には成功する人と、なかなか思うようにいかない
いわゆる成功しない人とが存在します。

この本では成功するために必要な、人間の特徴について書かれていると感じ
それなら私も、その特徴を身につけて成功したいと思い、購入して読んでみました。

「GIVE & TAKE 」与える人こそ成功する時代について

GIVE&TAKE

さてここからは
「GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代」についての概要や書評、そして感想などについてまとめていきます。

著者「アダム・グラント」について

「GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代」の著者である「アダム・グラント」は、アメリカで活躍する心理学者で、ペンシルバニア大学ウォートンスクールの組織心理学を専門としています。

弁護士の父と教師の母という夫婦の間に生まれました。
ミシガン州デトロイト郊外で育ち、高校時代にはダイビングでオールアメリカンにも指名されました。

学歴としては、ミシガン大学やハーバード大学が挙げられています。
ミシガン大学では組織心理学の学位を取得し、ハーバード大学では学士号や修士号、博士号などを取得しており、その優秀さが目立ちます。

そして大学在学中に結婚し、現在3人の子供がいます。

彼は研究は勿論教育面でも数々の賞を受賞しており、勤勉であり、その功績や実力が多くの方に影響を及ぼし、認められていると言えます。

作品について

この本はジャンルとしては「ビジネス書」になります。

自己啓発本というよりは、人生において成功を手にする人の性格には、一体どんな特徴があるのかについてまとめられています。
人生で成功する人の特徴を、様々な視点から研究し、データをとり、まとめています。

こんな人にはおすすめ!
こんな悩みを持っている人
  • 一生懸命、仕事をして勉強しているけど、なかなか成果が出ない!と悩んでいる人
  • 成功したいと願っている人
  • 自分が一体どんな人間なのか、その本性を知りたい人

何故かうまくいかない、日々の自分の人生に少し疑問や迷いがある人が読むと
この本に書いてある成功する人の特徴を自分の行動や性格にあてはめて、もう一度頑張ってみようかなと思える本です。

これまでの自分が、何故成功へと導かれなかったのか
多少はうまく行くけど、それ以上の成果がでないなと感じている、ちょっと成功している人にも
さらなる成功をおさめるために、是非この「成功する人の特徴」について知って頂きたい。

作品の概要

この作品は、書名の通り「ギブ&テイク」という人間同士の関係の中に存在する原理が、果たして本当に成立しているのかという疑問をまず抱いており
その関係性の中で実際にギブとテイクがどのように人間に影響を及ぼしているかを、様々なケースから分析しています。

この本ではまず、人間には3つのタイプの人間が存在していて、それぞれの人間を

人間の3つのタイプ
  • ギバー(人に与える人)
  • テイカー(自分の利益を優先させる人)
  • マッチャー(損得のバランスを考えて行動する人)

という風に分けて話を進めていきます。

人間の3つのタイプがどう関係していくか!

これらのタイプの人間が、どういう人間関係を描いていくのか。
ギバーとテイカーがどんな出会い方、どんな仕事の仕方をすれば、ギバーが成功してテイカーが成功出来ないか。
その反対にギバーが成功出来ない場合は、テイカーやマッチャーがどんな関係性を持って、ギバーと行動しているか。

実に様々な場面を想定し、実験し、その結果を分析してまとめています。

人間の本性が、その人のどのような行動に表れ
自分や周りの人間が、どのタイプの人間になるのかを正確に見分けていく方法などを交えながら
最終的には、どのタイプの人間が成功するタイプなのかを分析して、答えを導きだしている。

本の中で成功すると言われているタイプの人間は表紙にも書かれている通り「与える人」つまり「ギバー」で
そのギバーがどのように成功していくかを実際の成功例を挙げて分析・証明しています。

ギバーは成功するという分析結果を導きだしたのだが
ギバーであれば誰でも成功出来るわけではないという分析結果も導きだしました。

本当に成功するギバーの特徴を分析

ここから、本当に成功を収めるギバーについての探求が始まります。

大きな成功をおさめるギバーとは一体どんなタイプのギバーなのか
そしてギバーの成功に関わる、テイカーやマッチャーがギバーの周りでどんな行動をしているのか
この3つの人間のタイプの関わりあい方についても分析しています。

人間のタイプを見分ける!

人生の中で関わる相手のタイプの分析を誤ると、成功を逃してしまう。
3つの違うタイプの人間がどんなふうに関わって行くことが成功への道なのかを個性的な視点で分析し、誰もが納得できるような答えへとまとめています。

ここで注目しているのが、自分がどのタイプの人間であるか
それを正確に見極められなければ、また成功への道は遠ざかってしまう。

自分の周りにいる人間、初対面の人間は特に、どのタイプの人間か見分けるのが難しい。
しかし、その見分け方にまで、触れている。本を読みながら自分がどのタイプの人間か、そして周りの人間がどのタイプかを分析してみるのも、面白い読み方である。

批評・魅力・感想

人間関係と成功

まずこの本を読んでみて、人間のタイプを3つに分けていることで、自分がどのタイプの人間に当てはまるのかを考えました。
自分での分析ではギバーだと感じる人が多いかもしれません。

しかし、それは本当に本性なのか正確に把握する事が、自分では出来ないと思いました。

正確に自分のタイプを確認するためには、本にあるような実験を受けて分析するしかないと感じました。
その結果で自分がどのタイプの人間になったかで、人と関係する時に、自分の行動がどんな未来へと繋がるのかがとてもよく分かりました。

自分の人間としてのタイプが分かり、それが周りにどう影響するかが分かれば
成功から遠ざかってしまうような状況に遭遇した時に、自分がとるべき行動が分かると感じました。

初めて会った人が、どのタイプの人間であるか。
それを読み違えると後々大きく自分の人生を狂わされることになるという怖さも感じました。

どのタイプの人間がいて、その人間がどのような行動をとるという特徴が分かっていれば
その人間のタイプを間違える可能性は低くなり、その結果自分が期待しない人生になる可能性も抑えられます。
その参考となる人間のタイプの読み方も、本書を読むことでかなり正確に予想出来るのではないかと感じました。

いま自分の人生の中で置かれている状況が
自分の意図しない状況だなと感じている人、成功を目指して頑張っているが、どうしてもその成功から遠ざかっている気がする。

そんな不安な状況にいる人は是非、読んでいただきたいです。

自分がどんなタイプの人間であるか
そのおかげで、人生にどんな影響を及ぼして成功への道を邪魔しているか、それを具体的な例を挙げて紹介してくれていますので、非常に参考になると思います。

「GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代」まとめ

「GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代」を読む!

「アダム・グラント」その他の著書

-ビジネス, 書評
-, ,

Copyright© 日々是読書旅 , 2019 All Rights Reserved.