フルーツ

痩せるために重要なのは「酵素」

皆さんは「酵素」ってご存知でしょうか?
酵素とは、人間が生きて行くために欠かせないもので、たんぱく質を基にして構成されている。
人間が呼吸や代謝・排泄などの生命活動をするうえで必要な栄養素で

  • 消化酵素
  • 代謝酵素

の種類があります。

消化酵素の働き

人間は食事をします。
何かを食べると食べたものは胃で消化されます。
そして、小腸、大腸へと移動していきます。

その時に必要なのが「消化酵素」です。

消化酵素の働きによって栄養は腸に吸収されていきます。

代謝酵素の働き

上で消化酵素の働きを解説しましたが、代謝酵素はまた違う働きを持っています。
代謝酵素の働きは、消化酵素によって吸収された栄養素を身体の細胞へと届けることです。

酵素を補いましょう!

消化酵素と代謝酵素のどちらが無くても困ることがわかります。
しかし残念なことにこの「酵素」は加齢とともに体内で作られる量が減っていきます。

でも酵素が無いと人間は生きていけない!
先ほど書きましたが、これを何とか補わなくてはいけません。

この酵素は野菜や果物を食べることで補うことができます。
安心しましたね。

食べ物で補う酵素を「食物酵素」といいます。
この食物酵素は主に人間の消化を助けてくれます。そうすることで体内の消化酵素の消費を抑えることができます。

なぜ当サイトで果物を摂取することをおススメしているかが分かったと思います。
酵素を沢山含んだ果物を摂取することで、人間の生きて行く活動をサポートできるのです。

さらに酵素の働きをサポートするビタミンやミネラルを合わせて摂取できる果物や野菜は、人間の生命にとても大切な役割を持っている事がお分かり頂けたと思います。

発酵食品も酵素が沢山!

当サイトではあまり紹介していませんが、酵素を多く含む食べ物として発酵食品があります。
発酵食品で思い出すのがヨーグルトやチーズだと思います。

このヨーグルトやチーズに含まれているのは動物性乳酸菌です。
動物性乳酸菌は胃腸に届くまでにほとんどが死滅してしまうことが分かっています。

そこでおススメしたいのが、発酵食品でも植物性乳酸菌を含む食べ物です。
植物性乳酸菌を含む食べ物は、日本人が昔から食べてきた、納豆や味噌、麹などです。

昔の日本人は本当に身体にいいものを食べていたんですね。

この発酵食品の味噌などは塩分が高めであることもありますので、塩分を気にしている方は食べすぎには注意してください。

人間の体の事を理解して正しく栄養を補って上げましょう。